映画「坂道のアポロン」の動画フルを無料視聴したいときにご参考ください。配信中のVOD(ビデオオンデマンドサービス)や作品紹介、感想などをまとめているサイトです。
 

【もくじ】

・動画無料視聴
「坂道のアポロン」のネット動画配信先情報はこちら
無料視聴方法はこちら
坂道のアポロンの動画はDailymotionにある?

・作品情報
映画「坂道のアポロン」作品データ
制作スタッフ
キャスト
予告動画

映画「坂道のアポロン」の感想・レビュー参照はこちら

まとめ

 

坂道のアポロン 映画 無料視聴

映画「坂道のアポロン」の動画配信日:確認中

無料視聴の方法

映画「坂道のアポロン」など、新作映画は下記3つのVOD(ビデオオンデマンドサービス)で配信されます。月額もお試し期間内に解約で発生しません。 お試し期間は、どれも30日以上あります。新規登録特典を利用すれば、新作でも1本無料視聴可能。

1位 ユーネクストの動画配信

 

⇒ユーネクスト

新作映画540ポイント

登録特典で貰える600ポイントが利用できます。

無料トライアル期間:31日
無料期間後→月額料金:1,990円

無料トライアル期間内の解約でつき額も0円

ユーザーインターフェイスが最も使いやすい動画サービス。
​家族4人まで同アカウントで使用可能。

⇒ユーネクスト

2位 ツタヤの動画配信

 

⇒ツタヤ

新作500ポイント~’(SD/HD画質選択)

登録特典で貰える1080ポイントが利用できます。

無料トライアル期間:30日
無料期間後→月額料金:933円~(プランによる)

無料トライアル期間内の解約でつき額も0円

新作配信は当日深夜0時に配信することも多いVODサービス。
配信されない作品も宅配レンタルあり。

⇒ツタヤ

3位 ビデオパスの動画配信

 

⇒ビデオパス

新作映画500コイン

登録特典で貰える540コインが利用できます。

無料トライアル期間:30日
無料期間後→月額料金:562円

無料トライアル期間内の解約でつき額も0円

映画館割引チケットなどの特典が豊富。
※ご利用にはau携帯IDが必要です。

⇒ビデオパス

※各サービスの掲載情報は2018年11月現在の情報に基づいています。正確な情報は各公式ページにてご確認ください。


以上3つの動画配信の特典で視聴できますが
 

・登録が簡単でスグに利用できる
・使いやすいユーザーインターフェイス
・配信コンテンツが豊富
・解約手順が簡単

 

の4つの理由により、一番おすすめなのが、U-NEXTです。

U-NEXTで簡単に「坂道のアポロン」を無料視聴!

U-NEXT

u-nextは映画、音楽、アニメ、バラエティー、電子書籍など、幅広いコンテンツに対応しています。 u-nextにおすすめのユーザーは老若男女全ての方におすすめだと思いますが、特に映画が好きという方にはおすすめの動画配信サービスです!

u-nextの登録特典は2つあります。


ひとつめは無料トライアルに登録すると、600ポイントをもらうことが出来ます。

ふたつめは映画のチケットが貰えます。チケットの交換方法は、u-nextのマイページのメニューからクーポン、ギフトコードを選択します。


次に映画チケット割り引きを選びます。 ポイント利用の確認画面が表示されますので、はいを選択します。 これでチケットの交換は完了です。 あとは映画館で申し込むだけです。

 

U-NEXTの特典を使った無料視聴方法

1.U-nextに登録→自動で600ポイントをGET

2.検索欄で「坂道のアポロン」を検索

3.再生ボタンを押し、

「ポイントを利用して0円レンタル」を選択

新作は540ポイントですが、上記の方法で無料視聴できます。


U-NEXTにはポイントが必要のない”見放題”動画もたくさんあります。お試し期間31日以内の解約で料金は発生しません。
 

≫≫U-NEXT

坂道のアポロン 動画 Dailymotion

dailymotion(デイリーモーション)
billibilli(ビリビリ)
pandora(パンドラ)
acfun(アクファン)
fc2動画
9tsu
miomio
openload
中国系サイト

無断アップロードでの著作権侵害に関しては、近年ではユーチューブなどを含め規制が大分厳しくなって、違反行為をおこなうとすぐにアカウントが凍結させられるなどの対策が進められてきましたが、一番の問題は現状視聴する立場に関しては基本的には罰則がなく野放し状態であることにあると思われます。

今後は、アップする側と合わせて、視聴する側にも何らかの罰則が設けられるようになれば無断アップロードによる動画視聴の件数は少なくなってくるのではないかと思います。

坂道のアポロン作品データ


​​

(C) 2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C) 2008 小玉ユキ/小学館

 

[解説]

漫画「坂道のアポロン」の青春の高揚感と苦さをうまく表現できたものが、映画版「坂道のアポロン」だと感じました。人生に行き詰っていた主人公が、自分とは正反対の男に出会い、その運命を大きく変えていくというシンプルなストーリー一本に絞ったことにより、漫画の面白い部分がよく伝わったのだと思います。

閉塞感から解き放たれ、その若い魂を存分に燃やす音楽として選ばれたジャズは、そんな彼らにとてもふさわしく、映画の本格的なジャズのBGMと彼らの演技はより映画の完成度を高めてくれたと思います。

 

[ストーリー・内容]

医者の家で育った神経質な優等生とケンカに明け暮れる不良という対照的な男子高校生が、音楽を通してお互いを理解し尊重し合う仲になる過程がとても丁寧に描かれていた。居候家庭で苦悩する知念侑李と、悲しい出生の秘密を持つ中川大志の互いの孤独感と、それを埋め合う関係がとても熱くて心に響いた。

一度は険悪な雰囲気になった2人が、学園祭の突発的なセッションで再び結束を深める、なんと言っても演奏シーンがノリノリでカッコいいしと思いました。ヒロインを演じた小松菜奈が仲直りした2人の演奏を聴いて涙するシーンがとっても良かったです。

 

製作国:日本
製作幹事・配給・制作プロダクション
アスミック・エース
製作幹事・配給
東宝


制作プロダクション
C&Iエンタテインメント
カラー

 

制作スタッフ


監督:
三木孝浩


脚本:
高橋泉


原作:
小玉ユキ


主題歌:
小田和正

 

 

キャスト

知念侑李(西見薫)
中川大志(川渕千太郎)
小松菜奈(迎律子)
真野恵里菜(深堀百合香)
山下容莉枝(伯母)
松村北斗(松岡星児)
野間口徹(千太郎の父)
中村梅雀(迎勉)
ディーン・フジオカ(桂木淳一)

 

坂道のアポロン 予告動画




原作コミックについて

「坂道のアポロン」(小学館「月刊フラワーズ」連載)小玉ユキ著 昭和60年代を時代背景として高校生がジャズを通して友情や恋愛を体験していくマンガです。生き方も恋愛も不器用な男子高校生二人とその二人の間で揺れ動く純真無垢な女子高生の物語です。漫画とジャズの組み合わせは昔のハードボイルド系の劇画に多く暗いイメージがありましたが、漫画の内容と相極まってマンガもジャズも好きになりました。自分の思いをうまく伝えられず、それぞれの思いが交差していき最後まで見逃せないストーリーです。漫画のドラマーを見て石原裕次郎思い出しました。

60年代後半の地方の街が舞台

コミック『坂道のアポロン』 60年代後半の地方の街が舞台。薫は父親の仕事の都合で転校を繰り返している。小学生の頃の些細な事から、学校が息苦しい、嫌な場所になってしまった。けれど、横須賀から新しい街の高校に転校し「不良」と生徒から恐れられている千太郎に出会い、千太郎の幼馴染みでクラス委員の律子に恋をして、高校生活が一変する。性格の全く違う薫と千太郎がジャズを通して心を通わせていく姿はまさに青春コミックだけれど、物語はあくまでも淡々としていて、絵もスッキリしているので、青春モノに有りがちな暑苦しさが無くて良い。大人が読んでも面白いと思えるコミック。

 

 


タイトルからも表紙の絵からも内容が全く想像つかないまま、作者の小玉ユキさんのシンプルで独特な絵が気になる、という理由だけで読み始めました。読んで大正解、ジャズにはまっていくストーリー展開だけでなく、主人公、その友人たちの素敵なキャラクターにぐんぐん惹きつけられて夢中になって読んでしまいました。今より少し前の時代設定なのですが、その時代のなんとなくのんびりとした時間の流れも漫画に描かれていて、読んでいてとても心地よく感じました。

映画「坂道のアポロン」見どころポイント

原作が人気なので、そのエッセンスをどれだけ掬い取りつつ映画の尺に落とし込めるか、が課題の映画。あとはなんといっても映画にはマンガと違って音楽があるのでそこの強みがどれだけ出ているか、というのも見どころだと思います。高校生設定の原作よりも幼く見えてしまう。演技は問題なかったけど。 相手役のディーン・フジオカが原作のイメージ通りなんでややミスキャストっぽさが際立ってると思います。コミックには良さがあり、映画には映画の良さがありました。

 

どこか珍しい古い時代が舞台

時代背景としては60年代がメインで、色々発達しているこの時代に見るとどこか古臭くて、いい意味で外国の風景を見ているような新鮮さを感じました。でも、男女問わず誰しも憧れを抱くであろう「青春」と「恋愛」が沢山詰まったストーリーで、もう1度学生時代に戻ってみたいなと思わせてくれました。律子の恋は叶わなくて、ちょっと可哀想なのですが、それも含めて甘酸っぱくて可愛いのかなと思いました。私も一生物の恋愛してみたいです。

 

 

ジャズを通して人間関係を描いた作品

坂道のアポロンは、ジャズを通して人間関係を描いた作品です。コミュニケーションが苦手な主人公が、周囲の人と人間関係を築いていく過程は、とても心が温まります。ただ、後半になると、せっかく築いた人間関係が崩れていってしまいます。その原因も「時代柄」といえる内容であり、現代で生きていて良かったと痛感します。また、坂道のアポロンの時代が再びやってこないことを祈っています。開かれたばかりの閉鎖的な環境で、精一杯青春を謳歌するようすを綺麗に描いた作品だと思います。

 

 

 

小松菜奈ちゃんが可愛い

とにかく小松菜奈ちゃんが可愛いです。小松菜奈ちゃんは制服がすごく似合いますが、今回は現代的なブレザーではなくレトロな制服なのでいつもとは少し違う小松菜奈ちゃんが見れます。小悪魔的な小松菜奈ちゃんというより少し素朴で田舎の学校のマドンナというようなキャラクターが今までに演じたことのないキャラクターで見ていて新鮮でした。どんな役柄を演じていても小松菜奈ちゃんは可愛いな〜と改めて思った映画です。小松菜奈ちゃんのファンにオススメです。

 

 

坂道のアポロン 映画 評価

何度も転校を繰り返している子。クラスメイトにも居ました。明るい子なんだけど、深い仲になることを恐れているような態度を覚えています。わたしも何回か転校をしましたが、あれはストレスが溜まりますね。西見くんが吐いてしまうのも無理ありません。 しかも伯母さんに嫌味を言われる。耐えられませんよね。その子に罪はないのに、なんで辛く当たれるのでしょうか。むしろ守るべき対象のハズなのに。できることなら何度も引っ越しするのは控えて挙げてほしいのですが、難しいでしょうね。

私が坂道のアポロンを知ったのは、今年に入ってからです。真面目な薫と真逆の性格の千太郎、幼馴染の律子。初めは結構ありきたりな設定だと思ったけれど一人一人が抱えている悩みや関係性が無理なく描かれていてどんどん物語に引き込まれていきました。漫画を読み終わって直ぐにアニメ、映画と全て見ました。薫と千太郎がJAZZを演奏するシーンはとても楽しそうで、特に最期の千太郎のいる教会のオルガンでJAZZセッションをするシーンは1番大好きです。薫や律子や千太郎の恋の話も“なんかわかるわ〜“と思いながら勝手に共感してとても楽しめました。

坂道のアポロン!名作です。 これ、本当に面白いんですよ。 舞台は長崎、真面目で周囲に打ち解けず自分の殻にこもる優等生の主人公の通う学校に、千太郎というガキ大将が転校してきます。 最初はいがみ合っていた2人でしたが、音楽という共通の趣味をきっかけに、彼らはジャズバンドを組みます。 そして幼馴染の女の子や、先輩。いろんな人間関係がジャズを中心に動き出していきます。 やはり見どころは大迫力のジャズセッションでしょう。見てるこっちも、高揚感が半端じゃないです!

 

音楽や恋、友情を楽しむことができる素晴らしい映画でした。ドラムは中川大志、ピアノは知念侑李の二人で演奏するシーンがとても素晴らしくて聴き入ってしまったところでした。友情が厚くてすごくいいコンビだと思うところで、一緒にいるととても楽しそうな姿が印象的でした。好きな人に出会ってしまったのですが、好きな人も全てを持っている友達に嫉妬してしまうところがどうなることかと思ってしまいました。なぜ消えてしまったのか、最後まで見逃せないとても素晴らしい映画です。

 

コミックは絵が若干古くて、手に取るのは、躊躇したのですが、オススメの棚にあったので、手に取りました。懐かしい感じの漫画で、少し上の世代の青春感が、恥ずかしいような、新しいような。ジャスも好きなこともあって、音があればなぁと思っていたら、映画化。中川大志好きだけど、なんで、千太郎役なんだ??とハテナが飛ぶほど、千太郎の番長感が、かけ離れていて、まだ、映画を見ておらず。少女漫画らしからぬ内容なので、男女問わず読めるのかなぁ。

 

 

まとめ

本ページでは

・「坂道のアポロン」の動画配信は未定
・「坂道のアポロン」のような新作を無料視聴できる動画配信サービスと特典
・おススメの動画配信サイトは≫≫U-NEXT

を掲載しました。

正直に言えばあんまり男性には向かないと思う。絵が少女漫画というよりも10代後半の女性が好むようなものであるし、おしゃれ感が非常に強い漫画だからである。まず、基本的な話はジャズをテーマに綴られていく。そこまでメインではないとは言っても、ジャズを知らなかったり興味がない男性にはまず読む気にはなれないだろう。友人の男キャラもいるのだが、その男キャラとの友情が何だか熱すぎるというか、女性の目から見て理想的な男同士の友情の姿、に近いものを感じる。そんなわけで、男性が見ると違和感がバリバリの漫画となっている。細かいことを考えなければ、ジャズを知らない男性でもそれなりに読めるだろうが、男同士の友情部分に目を当てると何だか一気に冷めてしまう。そんな映画です。

© 2019 坂道のアポロン 映画 動画 rss